「神経内科」は「消化器科」のように内科の一分野です。
扱う臓器は脳、脊髄、神経、筋肉などで、症状も頭痛、
めまい、しびれ、脱力、歩行障害、物忘れ、手足のふるえ、意識障害など多岐にわたります。

 不整脈、糖尿病、癌などいろいろな内科の病気による
神経症状もあります。また、脳梗塞再発予防のため、高血圧や不整脈(心房細動)、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症などの管理も行います。

 もの忘れも、年のせいとか、認知症であるとか決めつけずに、きちんと検査を受けましょう。簡単に治る状態のこともありますので。また、認知症にはリハビリも有効です。
介護保険を有効に利用して認知機能の低下を防ぎましょう。
 
  
脳血管の病気(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)
パーキンソン病、認知症、本態性振戦(手足のふるえ)
頭痛(片頭痛、緊張型頭痛頭痛、三叉神経痛)、めまい症
顔面ケイレン、てんかん、末梢神経障害、髄膜炎
脊髄小脳変性症、多発筋炎
などなど